※施設のご利用にあたっては、『このサイトについて』もご参照ください。

道の駅 こさか七滝みちのえき こさかななたき

[大きな地図を見る]
秋田県の東北部に位置し、大館市と十和田八幡平国立公園(十和田・八甲田地域)を結ぶ主要地方道大館十和田湖線・通称樹海ラインとよばれる観光道路の沿線にあり、観光地としてにぎわう十和田湖への中継地点となっています。また、日本の滝百選のひとつに数えられる落差60m、7段にわたって流れ落ちる「七滝」があり、この滝を中心として緑地広場が整備され、絶好の景勝スポットとなっています。 江戸時代の紀行家・菅江真澄が鹿角地方を旅し、十和田湖へ向かう途中この「七滝」に立ち寄り、「十曲湖(とわだのうみ)」という著書の中に二首の短歌とスケッチを残しています。
種別
道の駅
住所
〒010-000
秋田県秋田市鹿角郡小坂町上向字藤原35番地3 外
電話番号
0186-29-3777
標高
276m (標高0m地点より-1.8℃)
休館日
年中無休
「滝の茶屋 孫左衛門」、レストランは11月中旬~4月中旬の間冬季休業中
営業時間
9:00~18:00
駐車場
大型車4台、普通車35台、身体障害者用2台
お食事
・レストラン
9:00~18:00
トイレ
男女あわせて20、身体障害者用1
設備
特産販売所、レストラン、公園、障害者用トイレ、障害者専用駐車マス、特産品直売所
その他
・滝の茶屋 孫左衛門
9:00~18:00
公式ページ
>>公式ページ

道の駅 こさか七滝付近の地図情報