※施設のご利用にあたっては、『このサイトについて』もご参照ください。

道の駅 井波みちのえき いなみ

[大きな地図を見る]
 富山県の西南部、散居村で有名な砺波平野の南端にある井波は、北陸最大の木造建築を誇る名刹・瑞泉寺の門前町として栄えた信仰と木彫りの町です。
 「道の駅・井波」は、国道471号から少し南へ入った町の環状線沿いに位置し、特産品の「井波彫刻」の魅力を見て触れて実感できる観光拠点としてオープンしました。
 彫刻家の実演を間近で見学できる「匠工房」、彫刻・クラフトにチャレンジできる「くりえーと工房」木の香に包まれて入浴できる浴場「ゆら湯ら」、獅子頭や天神様に代表される井波彫刻を展示した「井波彫刻総合会館」など、木と出会い、伝統の技にふれられる施設が目白押し。季節の素材を使った郷土の味を提供するレストランも完備しています。
種別
道の駅
住所
〒932-226
富山県南砺市北川730
電話番号
0763-82-5757
標高
148m (標高0m地点より-1℃)
休館日
第2・4水曜日(12月~2月は毎週水曜日)
営業時間
9:00~17:00
駐車場
大型車11台、普通車156台、身体障害者用1台
お食事
・和風レストラン「きつつき倶楽部」
10:00~18:00
トイレ
男19、女16、身体障害者用2
設備
特産販売所、レストラン、障害者用トイレ、障害者専用駐車マス、ベビーベッド、入浴施設、美術館、特産物加工場、体験工房
その他
・物産館「なんと楽市」
9:00~17:00

・観光案内所
9:00~22:00

・木の香浴泉「ゆら湯ら」
11:00~22:00(土日祝は 10:00~22:00)

・匠工房
9:00~17:00(要予約)

・くりえーと工房
9:00~17:00(要予約)
公式ページ
>>公式ページ

道の駅 井波付近の地図情報